大岩医院 身体の中から健康で美しくあるために
未病とは
HOME 医学の役割 未病とは  ニンニク注射  プラセンタ療法  マイヤーズ・カクテル アンチエイジングのすすめ  高濃度ビタミンC点滴療法  毛髪ミネラル検査  プラセンタ・カクテル点滴  美肌・美白点滴  アルファ-リポ酸・カルチニン点滴  アンチエイジング点滴  ヒアルロン酸注射  イデバエ注射  3種併用メソセラピー  PRP(多血小板血漿療法)  『LIGHT EYES ULTRA』  『UP GRADE』  『FIXER』  DNA(核酸)ヌクレオニクス注射 薄毛治療点滴  まつ毛貧毛症治療薬(グラッシュビスタ)  グルタチオン点滴療法  レスベラトロール 子宮頸がんの予防ワクチン接種 アフターピル(緊急避妊ピル) 当院の中絶手術
HOME >> 未病とは   

未病とは

「自覚症状はないが検査では異常がある状態」
「自覚症状はあるが検査では異常がない状態」のことを「未病」と呼びます。

これまで医療機関では、まさしく病気(の患者)と接してきました。
しかし、現代社会において自覚症状のない未病期に属する人は多く、
これに対応することの重要性が広まってきました。

そこで、当院では、病気の治療と同時に「病気の予防」さらに「健康の増進・維持」に焦点を当て病気にならない健康な身体作りを提唱しています。

具体的な内容としては、以下などが挙げられます。


疲労回復の特効薬。
ビタミンB1の成分の中に含まれる硫化アリルがニンニク臭のすることから、このように呼ばれています。


プラセンタとは「胎盤」を指し、この胎盤の持つ様々な効果を期待する新しい治療法です。
ヒト胎盤を原料に使う治療法で注射があります。


米国の代替統合医療として注目されている治療の1つです。
栄養素を多量に投与して治癒力を高める治療法の1つです。