大岩医院 身体の中から健康で美しくあるために
アンチエイジングのすすめ
HOME >> アンチエイジングのすすめ >> α-リポ酸・カルニチン点滴   

未病とは

リポ酸(アルファリポ酸)とは

チオクト酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、その強力な抗酸化作用はビタミンC、Eの400倍で、体内で発生する活性酸素の増加を抑制し、細胞の酸化を防ぐ働きがあります。
また、リポ酸の体内生産量はごく少量で、特に30歳を過ぎる頃から著しく低下するため、新陳代謝が少なくなり、いわゆる「中年太り」の原因となります。
そこで、リポ酸を補うことで体脂肪の増加を抑え、ダイエット効果が期待できます。
また、リポ酸は水銀を体外へ排泄させる働きがあるので、脂肪のつきにくい体質へ改善されます。
その結果、生活習慣病の予防だけでなく、肌を若く保つこと(アンチエイジング)にもつながります。

カルニチンとは

カルニチンは、体内の脂肪を細胞外へ運び出し、エネルギーとして使われやすい形に変える働きがあります。
しかし、これもアルファリポ酸同様に年齢と共に減少する為に、肥満の原因になります。
また、寝ても疲れが取れない方・慢性疲労症候群にもオススメします。

点滴と経口摂取の違いは?

最近、サプリメントとして、リポ酸やカルニチンが栄養補助食品として販売されるようになりました。
特にダイエット効果も期待できることから注目を浴びています。
経口摂取では薬剤の吸収までにやや時間がかかり、また、腸からの吸収が服用量の50%以下のため十分な量を補うことができません。
一方、注射や点滴ではよりすばやく大量に補うことができます。

投与方法と間隔

当院では点滴注射(15分程)のみです。
投与間隔は1週間に1回が理想的ですが、ご希望があれば相談に応じます。

点滴内容・費用

点滴内容 生理食塩水100ml
α-リポ酸
L-カルニチン
ビタミンB1,B5,B12
費用 2,000円