大岩医院 身体の中から健康で美しくあるために
PRP(多血小板血漿療法)
HOME 医学の役割 未病とは  ニンニク注射  プラセンタ療法  マイヤーズ・カクテル アンチエイジングのすすめ  高濃度ビタミンC点滴療法  毛髪ミネラル検査  プラセンタ・カクテル点滴  美肌・美白点滴  アルファ-リポ酸・カルチニン点滴  アンチエイジング点滴  ヒアルロン酸注射  イデバエ注射  3種併用メソセラピー  PRP(多血小板血漿療法)  『LIGHT EYES ULTRA』  『UP GRADE』  『FIXER』  DNA(核酸)ヌクレオニクス注射 薄毛治療点滴  まつ毛貧毛症治療薬(グラッシュビスタ)  グルタチオン点滴療法  レスベラトロール 子宮頸がんの予防ワクチン接種 アフターピル(緊急避妊ピル) 当院の中絶手術
HOME >> PRP(多血小板血漿療法)   

PRP(多血小板血漿療法)

自身の血液成分を使用して肌を若返らせる再生医療!
採血したその日に注入可能!


PRP(多血小板血漿療法)とは?


血液の中に含まれている血小板という成分の創傷治癒効果である壊れた血管や細胞を治す働きを利用した治療法です。血小板の中には多種類の成長因子があり、これは血小板が固まるときに放出され、 老化した皮膚細胞を再生し、顔のしわ・たるみを改善することによって若返りを図ります。

特徴


1. 自身の血液のため副作用もなくアレルギー反応もほとんどありません。
2. 個人差がありますが2週間~2ヶ月かけて徐々に、肌状態の改善が実感できます。また仕上がりは、自然な感じになります。
3. 安全で自分の力で、しわ・たるみの改善、肌のきめ・張りまで若返ります。特に、皮膚の薄いところほど(目元のちりめんじわ・首のしわ)高い効果を発揮します。
4. コラーゲン・ヒアルロン酸では得られない治療効果があります。

PRP療法での治療可能部位


1. 目の下の小じわ(ちりめんじわ)
2. 目の下のくま・ふくらみ・たるみ
3. ほうれい線・額のしわ
4. 首のしわ・手の甲のしわ
5. 唇の縦じわ(うめぼし様の唇)
6. 肝斑(かんぱん)・ニキビ痕の凹凸

PRP療法が適応にならない方


血液の凝固を抑制する薬を内服している方
ボトックス注射を1ヶ月以内に受けた方
膠原病(リュウマチなど)の方
肝機能障害のある方
腎機能障害のある方
悪性腫瘍の既往のある方
妊娠中・授乳中の方

PRP療法の手順(全過程:約1時間30分)


1. カウンセリング
 
2. 採血:約10~20ml
 
3. 希望注入部位の確認・麻酔クリームの塗布(約70分)
 
4. 遠心分離
血液を専用の機械にかけて、PRP(多血小板血漿)を採取します。


★尚、当院では、ACR研究会(久保田潤一郎会長)がマイセル社と共同開発したマイセルACRキットを使用して、PRPを抽出しています。

注:FGF(線維芽細胞増殖因子)をPRPに添加するクリニックがありますが、安全性に疑問があり当院ではあくまでも自身の血液だけを用いた安全なPRP法を行っています。

最近は、他社のPRPキットを使用し作製されたPRPに白血球を特別に添加したかのような記述が見受けられますが、当然当院で使用しているキットで作製されたPRPにも白血球が含まれ、後から添加するものではありません。
この治療において、治療効果を高めるために必要なことは、いかに高濃度の血小板を抽出できるかが問題になります。
その中でも、安全性・治療効果の高さから「マイセルキット」を用いたPRP療法をおすすめしております。
 
5. PRPの抽出
 
※ PPP(血小板が少ない血漿)は、破棄いたします。
 
6. 希望部位にPRPの注入
麻酔のクリーム塗布後、約70分後に極細注射針を用いて、治療する部位の皮下~真皮に注入していきます。麻酔により注射の痛みは殆どなく、約15分の施術となります。
 
腫れや内出血は少しは出ることがありますが、腫れは翌日に、内出血は5~7日程度で良くなります。その後、2週間かけてコラーゲンが産出されていきます。
施術当日は、飲酒を控えていただく以外は特に制限はありません。
効果の持続は、個人差がありますが、6ヶ月~1年程度は保たれます。
効果を長持ちさせる方法として、治療後に高濃度ビタミンC点滴などの肌のケアをおすすめします。

血小板の作用


EGF : 上皮細胞の成長促進、血管新生、創傷治癒の促進
FGF : コラーゲン・ヒアルロン酸産生、組織を修復
TGF-β : 上皮細胞・血管内皮細胞の増殖、創傷治癒の促進
VEGF : 血管内皮細胞の増殖・新生
PDGF : 細胞増殖・血管新生、コラーゲン産生

PRP療法とヒアルロン酸注入の違い


一般的な若返り、しわ取りの方法であるヒアルロン酸注入は皮膚の溝を埋める治療で、注入剤を入れることによって皮膚に張りを持たせたりして若返りを図ります。当然、数ヶ月で吸収され元の状態にもどり肌自体は老化したままの皮膚です。
しかし、PRP療法は、皮膚内部でコラーゲンやヒアルロン酸を生産し自己の組織が増殖することによる内部から皮膚を若返らせる治療ですので数ヶ月~1年後に全く無くなるわけではありません。この点が根本的な違いです。
したがって、効果期間・持続性・注射の間隔?と言った質問に正確に答えることより施術によって良くなった肌を今後、如何に維持してゆくかと言うことが大切と考えます。全般的に言えることですが、治療目的によって治療法を選択すべきと考えています。


治療料金


1. 目の下 + 目尻  1回 145,000円
2. 法令線 + 口周囲  1回 145,000円
3. 顔全体  1回 195,000円
4. 首全体  1回 195,000円